フットサル動画【動き方・戦術】

フットサル動き方・戦術動画(座学)~中をとる~

初心者向けのフットサル動き方・戦術動画(座学)になります。
補足動画はこちらに:https://youtu.be/HuJtDHFsYw8

フットサル動き方・戦術動画(座学)~外を使う~

初心者向けのフットサル動き方・戦術動画(座学)になります。

フットサルをやり始めてどこに動いていいわからない方のために作成しております。
フットサル特有の動き方・戦術があるので少しでも覚えれば上達の近道!
今回のテーマは「外を使う」です。

フットサル動き方・戦術動画(座学)~外を使う2~

初心者向けのフットサル動き方・戦術動画(座学)になります。
フットサルをやり始めてどこに動いていいわからない方のために作成しております。
フットサル特有の動き方・戦術があるので少しでも覚えれば上達の近道!
今回のテーマは「外を使う2」です。

フットサル動き方・戦術動画(座学)~循環のお話~

今回のテーマ:~循環のお話~です。

チャンスを見逃したり、相手DFがうまく守っているときは無理に攻めずに
ボールを回してチャンスを待ちましょう!待つためには循環しながら
パス回しが必要になってきます。


フットサル戦術・動き方動画~半歩の差~(座学)


今回のテーマは半歩の差です。

ボールをもらうときのもらい方(ステップ)曲がるとき、ケブラをするときに活用しましょう!

ちょっとした差が大きな差になります。

初心者向けというよりかはかなりマニアックな部類です。
ただしフットサルの動き方では簡単なのですぐに見につけられるので是非チャレンジしてみてください。

家でもどこでも練習できます!

フットサル戦術・動き方実践動画「カウンター(ロング)」


今回はカウンターについて動画を作ってみました!


カウンターとはボールを奪った後に速攻でシュートまで行く戦術になります。

フットサルでは点が入りやすい戦術の一つになります。

普段行ってる座学講座(ボードを使用)するのではく実践動画を使ってみました。
自分自身もプレーしてるので探してみてください 笑

一緒にプレーしたことある人ですと走り方や姿勢でわかるみたいです・・・・


本題に戻ります・・・
カウンターと言っても細かく分けると
・ロングカウンター(今回のテーマ!)
・ショートカウンター
・クロスカウンター
3種類ありますので3回に分けてアップ・解説していきます。

それぞれ意識することが少し違うのがポイントです。
※用語説明は記事の最後に書いておくのでスクロールして確認してみてください!

ロングカウンターで重要なのは
相手を自陣まで引き寄せてボールを奪った後はシンプルにパスを出した人もしくはドリブルをする人を他の選手が追い越していくことが重要です!

サッカーと違いフットサルはFPが全員で守ることが多いので
ボールを奪った後に前線に残ってる選手がいません。
そのため長い距離を走り相手DFを置き去りにすることが大切です。
ボールを持ってる人より前に2人上がってる状態が作れると理想です。
もう一人は再度ボールを奪われたときのDF要因もしくはカウンターが決まらなかったときのサポートができていると最高です☆

シンプルとは時間をかけないこと!パスの本数も2,3本でシュートまで行くのが理想です。

また動画内では説明しきれなかったのですが・・・
ボールを奪った瞬間に守備から攻撃に考えの切り替えるのもと~~~~ても大切です。

守備の時と攻撃の時の考えてることってはっきり言って真逆ですからね。


用語説明
ロングカウンター:自陣に引き寄せてからボールを奪いカウンターを行うこと
FP:フィールド選手!
動画内で使用用語
プレス:相手オフェンスに対して寄せていきボールを奪おうとする行為
インターセプト:相手パスを奪う行為

作れば作るほど 動画のクオリティもあがってる気がします 笑
スローとか注目するポイントの色を変えたりとか
BGMもノリのいい感じのを使用したり
動画で使えそうなBGMがありましたら紹介してください!切実

なるべく続きを早めに作れるようがんばります!
それでは!

フットサル戦術・動き方実践動画「カウンター(ショート)」

フットサル講座・実践編第2弾です。

前回!第一弾 ロングカウンター

今回は「カウンター(ショート)」

重要なポイントは奪う場所とこぼれを狙うことです。


・ロングカウンターとの違い

前回のロングカウンターの場合、ボールを奪う場所は自陣

相手陣地(第二PKより前ぐらい)で奪った場合にショートカウンターになります。


最大の特徴は奪ったときはもうシュートチャンスということです。

・奪う場所について

相手の深い陣地からボールを奪えると先ほど説明したとおりシュートチャンスになります。

また、自分のゴールから遠いので失敗しても即ピンチになるということもありません。

そのため前プレはとても重要な戦術の一種になります。


・こぼれを狙うこと

ボールを奪えた人はすぐさまシュートチャンスですが相手もボールをすぐに取り返しに来ます。

また他のDFもピンチと感じるためボール保持者に集中がいきやすいです。


そのためシュートを打った後はじいたボールに対して反応が遅れやすいので攻撃側選手はこぼれだまを狙うもしくはファー詰めを狙うとさらに得点チャンスは広がります。


デメリット

ショートカウンター狙いはメリットが多いですがデメリットもあります。

1.体力の消耗が激しい

前プレを回避された場合すぐさま自陣まで戻らなければ行けなくなります。

プレスをかけはじめる場所が相手不覚の陣地からなので戻る距離も長いです。

またロングスロー、ロングボールを蹴られたときも戻らなくてはなりません。

そのため体力の消耗が激しいです。

デメリットを克服するために走りこみで体力をつけることも大事ですが

時間を決めて行う、人数が多いときに狙ってみるなど使いどころを見極めて

ショートカウンターを狙っていきましょう!!

用語説明

前プレ

前線からプレスをかけること

PAGE TOP