Futsalcafe
KEL futsalcafecup webshop CompanyProfile home
futsalcafe
easy
Futsalcafe cup easy 大会情報 チーム情報 組み合わせ・結果 申込み
試合形式
3チーム3リーグの予選リーグ後、各リーグ1位による決勝リーグ、各リーグ2位による中位リーグ、
各リーグ3位による下位リーグを行い、順位を決定する
各リーグの勝ち点は、「勝」・・・3 「負」・・・0 「分」・・・1 とし、
勝ち点が同じ場合は、得失点差、総得点、当該成績の順に順位を決定。
試合時間は、予選リーグ:10分1本。決勝リーグ、順位決定リーグ:8分ハーフ(すべてランニングタイム)。
決勝リーグで順位が決まらない場合はPK戦(3本)にて順位を決定する。
5ファールは適用しない。
すねあて必着。
その他ルールは、日本サッカー協会「フットサル競技規則」に準じる。
http://futsal.jfa.or.jp/rule/index.html
・・・GROUP A・・・ ユイ FOD dut 勝点 順位
A1  ユイケイ *** 0-4 0-3 0 2 0 0 3
A2  Foot On Demand R-18 4-0 *** 1-1 1 0 1 4 1
A3  dutch(w 3-0 1-1 *** 1 0 1 4 2
戦評 がっぷり4つの三つ巴が予想されたGroupAだが、ユイケイ人数不足で均衡は崩れた。
4人のユイケイに対し、FODは4点とまずは及第点。しかし、dutch(wは3点取ったところで ユイケイ5人めが登場してしまい、そのままゲームオーバー。試合スケジュールが勝敗を 分けた。一方で、ユイケイは4人でも効果的な攻めで、相手ゴールを脅かした。やはり5人 そろっていなかったことが悔やまれる。FODは終始肩に力が入ったままであったが なんとか予選をクリアした。

・・・GROUP B・・・ TOK TYF D-B 勝点 順位
B1  TOKICO減震君 *** 0-0 1-0 1 0 1 4 1
B2  T・Y・F 0-0 *** 1-4 0 1 1 1 3
B3  D-BLOOD United 0-1 4-1 *** 1 1 0 3 2
戦評 Aリーグに勝るとも劣らない拮抗したリーグ。秘めた実力を誇るD-BLOODはキャプテン
不在のT・Y・Fに圧勝し、勢いに乗るかと思われたが、TOKICOに力負け。一方TOKICOは 朝一の試合をスコアレスドローとし、エンジンのかかりが遅いところを露呈したが、さすが の横綱相撲、難しいセンタリングから女性がひざにあてナイスゴール。
無駄のない展開で本リーグを制した。 主柱のいないT・Y・Fはずるずる失速、最下位リーグに甘んじることとなった。

・・・GROUP C・・・ CTZ エクス S健 勝点 順位
C1  CTZ *** 1-2 3-0 1 1 0 3 2
C2  エクスプロイツ 2-1 *** 3-0 2 0 0 6 1
C3  チームS健 0-3 0-3 *** 0 2 0 0 3
戦評 久々CTZに初出場の2チームが絡むなごやかなムードが期待されたリーグだが、 エクスプロイツ旋風が吹き荒れた。MIXチームでありながら、前線から女性が効果的な プレスで球を追い、攻撃の目をつんだ。CTZは善戦したが、FKからの失点などで惜敗。 チームS健は各試合で健闘したが、試合後半になるにつれ、集中力切れ。内容以上の 失点を喫した。

・・・順位決定リーグA・・・ dut D-B CTZ 勝点 順位
B1  dutch(w *** 0-5 4-0 1 1 0 3 5
B2  D-BLOOD United 5-0 *** 4-0 2 0 0 6 4
B3  CTZ 0-4 0-4 *** 0 2 0 0 6
戦評 D-BLOODの強さが際立った。女性を交えたフォーメーションは実にバランスが
取れており、よせも早く、攻撃も鋭い。常に2番手に甘んじているが、いつ優勝しても
おかしくないところまで来ている。
逆にいつも勝ちきれないdutch(wはCTZ戦でやっと本領発揮。得意の短い
パスワークからの得点あり、ミドルからの得点ありと、大爆発した。
CTZは再結成久々ということもあり、このリーグ、この相手では少し厳しい結果と
なってしまったが、負けても爽快に引き上げてくる姿が印象的。
今後もeasyを盛り上げてくれるチームとなるであろう。

・・・順位決定リーグB・・・ ユイ TYF S健 勝点 順位
C1  ユイケイ *** 1-0 2-2 1 0 1 4 7
C2  T・Y・F 0-1 *** 1-1 2 0 0 1 9
C3  チームS健 2-2 1-1 *** 0 2 0 2 8
戦評 優勝候補の一角だったユイケイ、T・Y・Fがそろって「訳あり」で下位リーグ入り。
そこに試合慣れしてきたS健が絡む面白いリーグとなった。
S健は徐々にパスにリズムがあわられ、チーム初得点を記録する。勝利をものに
するところまでは行かなかったが、可能性を感じさせる試合展開であった。
T・Y・Fは最後まで気持ちが入りきらない様子、屈辱の最下位となった。
自力あるチームだけに、再起を期待する。
・・・決勝リーグ・・・ FOD TOK エクス 勝点 順位
A1  Foot On Demand R-18 *** 0-1 1-5 0 2 0 0 3
B1  TOKICO減震君 1-0 *** 1-1 1 0 1 4 2
A3  エクスプロイツ 5-1 1-1 *** 1 0 1 4 1
戦評 エクスプロイツが1勝1分でリーグ制覇。男性陣の技術レベルに加え、
前線の女性のプレスも奏功。さすがにTOKICOに勝利するには至らなかったが、
勢いに乗ったFOD戦でのアドバンテージにより得失点差で優勝した。
TOKICOはFODとは知った仲、お互いの手の内を知っていたということもあり
FODには1-0止まり。逆にFODは最後まで歯車がかみ合わず、
このリーグでも実力を出し切れなかった。




写真

Coming Soon







エクスプロイツ

初出場で初優勝!
優勝賞品のパーカーは
前田姐さんの上手なオネダリにより
大会使用球と交換させられました…
させていただきました!
優勝 エクスプロイツ
準優勝 TOKICO減震君
3位 Foot On Demand R-18
4位 D-BLOOD United
5位 dutch(w
6位 CTZ
7位 ユイケイ
8位 チームS健
9位タイ T・Y・F
Copyright (C) 2004 futsalcafe. All Rights Reserved. Powerd by E-3 ltd.